観光スポット

1. 妻沼滑空場
コミック『ブルーサーマル』は、小沢かな氏原作のグライダー
との運命的な出会いから始まる。
舞台は、熊谷市妻沼の利根川河川敷。
エンジンもプロペラもなく、上昇気流(サーマル)に乗って、
自由自在に飛び回るグライダー物語です。

2. 県道83号線
利根川渡船区間のある道路で、熊谷と群馬県千代田町を結
ぶ道路です。『モヤモヤさまぁ~ず』でも紹介されました。
埼玉県側の最終地点にある黄色の旗印を掲げると、群馬県
側の千代田に停泊する船が迎えに来るシステムです。
料金は無料で、自転車やバイクも乗船することができます。

3. 聖天山歓喜院
本殿は国宝指定
縁結びの神様として厚い信仰を集めています。
仲見世ごとに味付けの異なる、いなり寿司やのり巻き弁当
を片手に、レンタサイクルなどを利用した周辺散策がおす
すめです。

4.  忍城
浮き城の別名をもつ城。
和田竜氏原作の『のぼうの城』で話題になりました。
豊臣秀吉の臣下である石田三成の水攻めにも屈しなかった
城。利根川を利用した総延長28キロにも及ぶ『石田堤』
の一部も残っています。

5. 足袋蔵
池井戸潤氏の『陸王』がTBSテレビの日曜劇場に登場して話題
になりました。。
埼玉県行田市の老舗足袋屋が舞台となっています。
行田市は足袋の町で、80%のシェアを持っています。
日本遺産にも認定されています。
さぁ~、行田にいらっしゃ~ぃ。

6. 熊谷スポーツ文化公園
2019は、ラグビーワールドカップが開催され、熊谷では3試合
が行われました。(現在はパナソニックの本拠地)
ワールドカップのための改修工事も行われ、観客収容数は24,
000人となりました。
再度、熊谷で、ラグビーで、盛り上がりましょう。